いつも読んでいただき
本当にありがとうございます。

溢れんばかりのアホ感漂うかわいい息子たち
(ADHD
キョウタ10歳・あまのじゃくアイキ8歳)
の育児日記や自分の好きなものをかいています。

 

前記事の個人面談記事にコメントありがとうございます!

机の下に物が溜まる現象…

私も箱か袋持たせて「とりあえず入れる」

みたいな場所作るのもいいかなぁて思いました。

ありがとうございます!

 

* * *

 

 

本日の『MIU404』記事です(定期)。

先週の6話の感想です!

 

伊吹の自由な動向をかわすというか受け止めるというか、そういうバランスがとても上手な志摩さん…。流れるような「あーもうやめたい」の横顔の尊さよ。

伊吹に直接相棒殺しの件を聞かれたときの表情、すごかったなぁ。色んな感情がうごめいてるだろうに、あの表情なんだもん。

 

桔梗隊長を助けるべく、お手伝いの提案をする志摩さーーーん!

パワハラを心配する隊長ーーーー!

言い出したのオレですっていう優しい志摩さーーーーーんん!!!

 

 

 

向こうから歩いてきたときの志摩さんの舌の動きに注目しちゃいましたよね、えぇ。内容とは全然関係ないのに、注目しちゃいましたよね、はい。

 

伊吹さんと九重さんが「相棒殺し」の件を聞きに行ったこの刑事さん。8月8日の過去の事件の話の中で、容疑者の女性の行動を「コワイ」と言っていたけど、憶測だけで1人の人間を「相棒殺し」と呼び、話を広げてしまうこの人もとても恐ろしいと思いました。そして、描いていて「なんて特徴のある髪型なんだ…」って思いました。横ハネのバランスが絶妙。

 

桔梗隊長のお宅で、普段の隊長の様子を聞く志摩さん。

「へぇ」が深かった…!!!

 

 

 

隊長の息子・ゆたかくんとのシーンはもう、全部カワイイし尊いし、なんなんでしょうかね、キッチンから夫と息子が楽しく遊ぶのを眺めてほっこりしながら夕飯を作る妻になったんだっけな…?って錯覚しました。あ、私オムライス作ってなかったや…、錯覚だった←

 

 

 

村上虹郎さん演じる香坂刑事の、焦りや一生懸命さが、見ていてすごく胸が痛かったです。「自分ができないやつと認めるのは怖い」と九重さんが言っていたけど、優秀な刑事がバディならなおの事だったと思う。一生懸命さが曲がった方向に行ってしまい、命の危険まで感じる事態になったときに母親に電話している姿に涙が止まりませんでした。

 

救えなかった後悔をずっと纏っていた志摩さんの苦しさ。

きっとこれからも消えることはないし、ずっと忘れずいくんだと思う、つらさは続くんだと思う。

でも、伊吹が相棒でいてくれることで、後悔の鋭さは少し変わるのかもしれない。

3話で言っていた「誰に出会うか、出会わないか」…これは、志摩さん自身が“香坂の相棒がオレじゃなかったら…生きていたかもしれない”という強い後悔から出てきた言葉だったのかもしれないけど、今志摩さんが伊吹さんと出会えたことで、志摩さんのスイッチがいい方向へ行ってくれるんじゃないかな、行ってくれるといいな。って思いました。

 

 

 

* * *

 

6話番外編①

 

 

オムライスシーンで、ゆたかくんがケチャップで星を描いていたけど、志摩さんのケチャップシーンも見たかった…!っていう願望。

(描いてある犬は、以前源さんのインスタライブで描かれていた犬「ヤス」です)

 

 

6話番外編②

今回のお話し、志摩さんの辛い表情も多かったけど、優しい表情も多くて、優しい表情のときの眉の動向が愛おしかったですよね。

オムライスを食べるシーンはもぐもぐするお顔に鎖骨に眉に、ついつい気を取られてしまいましたが、桔梗隊長のお宅に桔梗が飾られていて、えーなんか素敵~って思いました。

 

 

 

* * *

 

 

明日は第7話…!

これまたすごいゲストが出ますね!

楽しみだなぁ。

 

 

* * * * * 

 

第1話 感想

 

 

第2話 感想

 

 

第3話 感想

 

 

第4話 感想

 

 

第5話 感想

 

 

 フォロー大歓迎です 

 

ランキング参加しています

 

 

 

初めましての方へ