*  *  *  *

ADHD長男(キョウタ・小3)と

アマノジャク次男(アイキ・小1)

のアホ感あふれる息子たちの育児日記をかいています。

よろしくお願いします。

*  *  *

 

次男アイキ。

小学校に入学してから3ヵ月弱。

学校生活は今のところ楽しめているようですが、

少しずつ少しずつ溜まっていたものがあったようです。

 

 

 

先日の朝のこと。

 

 

 

 

 

* * *

 

 

息子たちが通う小学校は、我が家から30分ほどかかる場所にあり、通学途中には勾配が急な場所も。

初めてそこを歩いたとき(→ )から、印象は良くなさそうだったし、ちょこちょこ「あるくのつかれるなぁ」と漏らしてはいたのですが、とうとう精神的に追い詰められてしまったみたいでした。

苦手意識を持ってしまった場所に近づくと、腹痛が起こり、気持ち悪くなったり頭がクラクラするみたいで、それはきっと本当で、この日、『家に戻りたい』と思うほどに、7歳の小さな体には相当ツラかったようです。

(兄キョウタはすさまじい体力なので疲れたことがないまま今に至る(笑))

 

出発する前に休める理由を聞いてきたのは、そういうことが背景にあったからだと気付き、胸が痛くなりました。

 

 

でも…、今回、はっきりと理由がわかって良かったなぁと安心しました。

 

キョウタが年長だった3年前。激しい登園拒否が出たとき、明らかな理由がわからず対処法に戸惑ったことがありました。

 

------------------

そのときの記事はこちら

>>長男の登園拒否物語

>>登園拒否のことを相談してみた

------------------

 

それを経験していたので、今回、嫌になる原因が知れたことは本当に良かったなぁと。

そして話してくれたこともとてもありがたかったです。

 

きっと、家に戻る選択をしたことも勇気がいったと思うのです。

なのでその日はちょっと特別タイムを作ってあげました。

そしてアイキの気分を上げ、楽しい気持ちになってから、1時間目が終わる時間に合わせて登校しました。

 

 

* * * * *

 

 

でも、今回のように車で送るだけで解決するわけでもなく…、つづきはまた別の記事で書きます^^

 

 

虹葉っぱ >>続き更新しました )

 

 

読者登録大歓迎です

 

ランキング参加しています

 

 

 

クローバーはじめましての方、ぜひクローバー