嬉しいことがあったとき、

スキップを踏んでいたキョウタ。









********




話は変わるんですが、

うちの街は幼稚園や保育園の年中さん全員を対象に、

5歳児検診があります。



保健師さん、発達支援センターの先生、発達心理士さんなどが

幼稚園ないし保育園に出向き、

年中さんたちの様子を観察して、

発達に何かつまずきはないかを見てくださるのです。



キョウタの場合は、すでにADHDの診断も出ているし、

リハセンや発達支援センターにも通っているので、

特に言われることはないだろう、と思っていました。



しかし、市から送られてきた紙に

「スキップができない」

とのコメント。











あれ、おかしいな。
















だって。私見たんですよね。


確かに見たんですよ。




















この姿。





















あぁ、














そうか。





















人間て、

















本当に楽しいとき
自然にスキップ
踏んじゃうんだな。









強制的なスキップは
難しいものがあるらしい。


人間て面白い。



******************************
楽しいブログが盛りだくさん。

育児絵日記ランキング


ランキングが上がると白目をむいて喜びます!

(クリックしていただくと10P入るようになっております)




押してくださっている方がわからない仕組みなので、

直接お礼を言えないのが心苦しいのですが、

押してくださっている方!本当にありがとうございます!


にほんブログ村
******************************







今日は3.11。
4年前、
私の住んでいる街も
震度6の揺れでした。

当時1歳だった長男を
抱っこしながら
お昼寝させていたときのこと。

いつもとは何か違う揺れに
危険を感じ、
長男を抱っこしたまま
慌てて外へ避難。

外へ出た瞬間
更に大きな揺れが襲い、
地面が波打つような錯覚を感じました。

近所の屋根が落ち、
塀が崩れ、
あまりの揺れに
長男を抱っこしたまま
私も倒れ、けがをしました。

次男の妊娠8か月のことでした。



今でも地震があると
そのときのことが
頭をかすめ、
あのとき感じた恐怖が
よみがえります。



よく長男が
「なんかいいことある?」
と、口癖のようにきいてくるのですが、

みんなで並んで寝られること。
お腹いっぱいごはんを食べられること。
みんなで楽しく笑えること。

そういう普通のことが幸せだよ。
といつも伝えています。







亡くなられた方々の
ご冥福をお祈りいたします。